お問い合わせ

交通アクセス

●東北自動車道
・寒河江インターより約40分
・東根インターより約30分
●道の駅むらやまより約20分
●JR村山駅より約20分
●山形空港より約30分

廃棄物処理事業

より快適な社会環境をめざして・・・

最新鋭の設備と徹底した管理により、あらゆる種類の廃棄物に対応。
未来の環境を守るため、何より安心・安全な施設であることを第一に
心がけ循環型社会の貢献に取り組んでいます。
 
 
 

管理型最終処分場

最終処分場はその機能や埋め立てる廃棄物により、安定型・管理型・遮断型の3種類に分類されており、当処分場は管理型最終処分場として、環境を守るため各種の法律が整備される中、各監督官庁指導のもと、施設を整備し建設したものです。
最終処分場全景埋立状況

最終処分場全景

埋立状況

浸出水処理施設全景浸出水高度処理施設

浸出水処理施設全景

浸出水高度処理施設

埋立処分許可品目燃え殻・汚泥(含水率85%以下の物に限る)・廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くず・動植物性残さ・ゴムくず・金属くず・動物系固形不要物・ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず・鉱さい・がれき類・ばいじん・自動車等破砕物・石綿含有産業廃棄物・水銀使用製品産業廃棄物・水銀含有ばいじん等
処理能力埋立面積:45,800m2  埋立容量:874,790m3
浸出水処理施設水処理能力:240m3/day (調整池6,500m3
遮水工底面部(6層構造):不織布+合成ゴム系シート+自己修復型不織布+合成ゴム系シート+不織布+保護砂
法面部(5層構造):不織布+合成ゴム系シート+不織布+合成ゴム系シート+不織布

埋立処理施設の概要

埋立処理施設の概要の図示
埋立部分は、二重のゴムシートで覆われ、いわゆるプールのような構造になっています。特に底面部分は、上記の図ように6重構造で、シートが破れて廃棄物や雨水が漏れ出すことがないようになっています。また、放流水はもちろん、場内3ヶ所の地下水位と周辺3ヶ所の沢水を定期的に分析・報告し、万が一汚染があれば即時対応する体制をとっています。施設内の配管は、廃棄物に接触した雨水を排水すると同時に、廃棄物に空気を供給して、腐食安定化を促すと共に、発生ガスを抜く機能があります。

破砕施設(移動式破砕機)

お客様のご要望に応じられるよう県内一円で作業が出来るよう許可を頂き、最新の基準と技術を導入した移動式破砕施設です。
破砕施設破砕施設
破砕施設破砕施設
処理対象物(産業廃棄物)廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず、がれき類
処理能力(産業廃棄物)廃プラスチック類 58t/day(8hr)、木くず 83t/day(8hr)、がれき類 246t/day(8hr)
処理対象物(一般廃棄物)ごみ(廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず、がれき類)
処理能力(一般廃棄物)246t/day(8hr)